FC2ブログ

消費者金融ブラック~時効

ブラックの時効。その後の消費者金融から即日で借りれる情報。破産・整理で諦める必要なし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自己破後の生活

自己破産後の生活はどうなるのでしょうか?仕事や私生活に影響が出るのでは?と心配ですよね。

破産宣告を受けた後も戸籍などに記載されることはありませんが役所にある破産者名簿には名前が記載されます。ですがこれは第三者の目に触れるものではないので問題ありません。

それから破産をしたからと言って会社を辞める必要もありません。ただし給料を差し押さえられた場合は会社には破産の事実は知られることになります。

[PR]
お金の悩み解決しませんか?

生活に最低限必要な家財も差し押さえられる事はありませんが娯楽用品などは残念ながら差し押さえ対象となってしまいます。

一番困るのはブラックリストに登録されたことによってローンなどが組めなくなってしまうことでしょう。これは5年~10年間は覚悟しなくてはいけません。

自己破産は貶める為のものではなく基本的には救済する為の法律なのでそこまで不利益を被ることはないと思っていてよいでしょう。

[PR]
ブラックリスト(自己情報あり)でもお金を借りたい!


金融法律関連 |

自己破産 会社の代表をしている場合について

会社の代表者として経営をされている方が自己破産をされる場合、法人と個人の両方を同時に申し立てた方がよいのかと言う壁にぶつかるかと思います。

会社を経営している個人の方が自己破産をしても,法人と個人は法律上別個の主体として扱われますので,法人の借金はなくなりません。そのため,個人のみ自己破産をして借金をなくしても,法人の代表者として法人の借金についての返済義務は残ってしまいます。
また,債権者は法人が自己破産をしてくれれば税務上債権を損金計上できるため,債権者の方としても法人も自己破産を申し立ててくれることを望んでいるのが通常です。
さらに,裁判所も自己破産申立に必要な少額管財費用(東京地方裁判所の場合20万円)についても法人と個人両方を同時に申し立てる場合には両方で20万円という運用を行っています(東京地方裁判所の場合)。そのため,裁判所も個人だけではなく法人の自己破産手続も同時に申し立てることを奨励しています。

金融法律関連 | コメント:0 | トラックバック:0 |

闇金キャッシングのBBS

闇金キャッシングと言うサイトを見つけました。



そこの闇金キャッシングBBSを見ていて気になる掲示板がいくつかありました^^



掲示板の種類なのですが、現段階でこんなに!↓
正直書き込みが気になるものが数点あります^^
皆さんの書き込み早く増えないかな~・・と思いつつブログに載せてみちゃいました。



融資情報とか非常に気になります。



●自己破産して一年 そろそろ融資が欲しい
●アエル情報です
●任意整理中です><
●グッドサーチについて…
●レイクの審査時間
●消費者金融の審査
●助けてください 本当にこまってます
●アイアイユニバーサルキャッシング
●ネットバンク
●ポケット信販について教えてください
●短期の闇金利用かんがえてます。
●ヤエス信販
●ファイブワンキャッシュ
●国内保証援助会の集団訴訟について
●青森ライフリカバリー支援センター



後々自分も書き込みしてみようなんて考えています。



自己破産等、債務整理をされた方が四苦八苦せず融資が可能なのか?
任意整理中の方が何を書き込むのか?
かと思えば故障援助会とか。
とても面白そうです^^


審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI


人気サイトランキング

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
金融法律関連 | コメント:12 | トラックバック:0 |

自己破産融資について

ここはちょっと不思議に感じるかもしれないのですがこういったカラクリがあります。なぜ、激しい取り立てが終わるのでしょうか。それは貸金業規制法に関する大蔵省通達で禁止している内容にあります。債権者が債務者からなんらかの裁判手続きを取ったことの通知を受けたあとに、正当な理由もなく、債務者に支払うように請求することを禁止する。という一文があるんです。

自己破産を行うにあたって必要な費用としてどれぐらいかかるかをご存知でしょうか?クレジットやサラ金からの借金でどうしようもなくなり、自己破産しなければならないということ事態になっているわけですからあまりにも自己破産を行うにあたっての費用が高額ですと厳しいものがあります。

自己破産の手続きと問題点などを紹介します。自己破産による債務整理法というものがあるのですが、債務者は取り立てがきびしくて夜逃げなどをしても借金に関してはなんの解決にもならないということを知っておきましょう。逃げずに申し立てをしましょう。債務者の最後の救済手段としてあげられるのが自己破産です。自己破産は法律上認められているものですし、裁判所により免責が決定すると、借金がすべてなくなることになります。債務者本人でもできますし、費用自体も少ない自己破産の手続き。最終手段として自己破産という道もあるといういことを覚えておきましょう。

現在の収入と生活費、そして債務総額から判断任意整理の分割返済では借金を返す見込みがないと判断される場合は自己破産を選ぶようになります

サラ金業者が、支払い義務のない者に、それが家族であったとしても、支払い請求などをすることは、貸金業規制法に関する大蔵省の通達によって禁止と明言されています。貸金業規制法に関する大蔵省通達では「法律上支払義務のない者に対し、支払請求したり、必要以上に取り立てへの協力を要求してはならない」とあります。こういった場合には監督行政庁に行政処分や苦情の申し立てをすることができます。また、警察に対して「貸金業規制法違反」で告訴することもできますので、仮に夫が奥さんに内緒で奥さんの印鑑証明を持ち出して、奥さんをサラ金から借金するときの保証人にしたとしても保証契約というのは、保証人になる人とサラ金(債権者)との間に直接結ぶことが必要です。上記のように無断で保証人にしても、奥さんとサラ金業者の間には保証契約はないので保証人の責任はありません。

審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI

人気サイトランキング

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
金融法律関連 | コメント:0 | トラックバック:0 |

自己破産者融資のシビアな期限

自己破産して、原則は5年間は融資及び借入れは全く不可ですが、5年を経過しても、融資先(銀行も含む)によっては、10年経過しても、融資は致しません。5年間は、法律上のことでして、それ以降は、各会社に任されているためです。借入れ金額、返済金額・年数、現在の収入は、関係しません。先ずは、申し込みしてみて下さい。融資先により、審査方法等全て、各社バラバラですので。自己破産手続き完了から5年以下では、全く無理と言うことだけは、確実です。

審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI

人気サイトランキング

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
金融法律関連 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。