FC2ブログ

消費者金融ブラック~時効

ブラックの時効。その後の消費者金融から即日で借りれる情報。破産・整理で諦める必要なし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

金融キャッシングのトラブルに巻き込まれやすい人

■キャッシング時にお申し込みの際に契約書をよく読まない方はトラブルが起きやすいです。


トラブルになりやすいもっとも多い例として、金融機関でキャッシングをする際に「契約書をよく読まない」方が気が付くとトラブルに巻き込まれるようです。

金利や限度額、またご返済日等を確認せずに契約してしまい、結果的にお給料日と日にちがずれて滞納してしまったり、または支払日はまだと思っていたら自宅に督促状が来た等様々です。返済計画が一度狂うと建て直しもそうそう簡単にはできません。他にも他多重債務となるトラブルにだって成りかねないです。


どんなにお金が必要であってもキャッシングをする時は金融機関が用意している契約書の内容は必ず熟読して下さい。そうしないとトラブルの元となります。

凌ぐ為のキャッシングで さらにお金に困る様な本末転倒な結果になりかねませんので。


■しっかりした利用目的も無く、取り合えずキャッシングしてしまう人


キャッシングやローンは一昔の金融業と比べて非常に身近で一般的なサービスの一つに成長しました。


金融業者からお借入れが簡単になっているとは言え、キャッシングはあくまで借金です。

「あなたのお金が増えたわけではない」と言う事を強く意識して下さい。

簡単にキャッシングしてしまう事こそがトラブルとなる原因です。


昔と比べて金利は破格に低くはなりましたが、それでも利息はもったいないだけというのは変わりません。

トラブルを避ける為、キャッシングでお申込をされる前には、必ず一度で良いので必要な金額を整理しましょう。


金融キャッシングのトラブルに巻き込まれやすい人


消費者金融 | コメント:0 | トラックバック:0 |

過払い請求者は“ブラック”か“ホワイト”か――再燃するグレーゾーン金利問題

消費者金融の信用情報(債務者の個人情報)を巡って、業界内外が対立の様相を見せている。消費者金融を会員とし全国に33カ所ある情報機関の連合体「全国信用情報センター連合会」(全情連)は9月3日から、債務者の区分に「契約見直し」という項目を設ける予定だ。

 「契約見直し」の対象となるのは、「過払い金返還請求」を求めた債務者だ。2006年1月に最高裁は「グレーゾーン金利は違法」とし、利息制限法(年15%~20%)より多く支払った債務者には「返還すべし」との判決を下した。これを受け出資法の上限金利(年29.2%)を支払ってきた一部の債務者は、利息分を取り戻すため「過払い金返還請求」の訴えを起こしている。訴えられた消費者金融側は概ね返還に応じており、2007年3月期決算では返済請求の「利息返還費用」と、将来に備えた「引当金」が原因で巨額の赤字に転落した

債務整理 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。