FC2ブログ

消費者金融ブラック~時効

ブラックの時効。その後の消費者金融から即日で借りれる情報。破産・整理で諦める必要なし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自己破産/税金や社会保険の滞納分はどうなるか?

自己破産をすると抱えていた借金がすべてなくなります。金銭的にマイナス部分が無くなり、生活はフラットな状態からはじめることができます。


では、借金以外の金銭面はどうなるでしょうか?

例えば滞納している税金や社会保険などです。

自己破産することにより、これらも免除されるのでしょうか?



自己破産の免責が決定すると、基本的に債務の支払い義務がすべてなくなります。

ただし、税金や健康保険料などは免責の対象になりません。

税金や健康保険料などの滞納は扱いが別と言うことになります。

免責決定がなされても国に支払うものの滞納は無くなりません。いくら自己破産をしたと言えども、すべての債務がなくなるわけではないのです。


そもそも、税金は国民の義務として憲法でも規定されています。そのため、破産法では税金については、免責の対象から外しています。

同様に、相互扶助の精神から、国民健康保険料なども免責の対象からはずされています。


ですから、自己破産の申請がされ、免責の決定が下った後でも、税金・健康保険の滞納分はきちんと払わなければなりません。




★おすすめリンク★


消費者金融審査甘い


審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI


金融法律関連 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<自己破産すると給料を差し押さえられるのか? | HOME |

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。