FC2ブログ

消費者金融ブラック~時効

ブラックの時効。その後の消費者金融から即日で借りれる情報。破産・整理で諦める必要なし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自己破産すると給料を差し押さえられるのか?


1、破産申立時に、給料が差し押さえられているケース
通常、債権者は債務者からの支払いが滞ると、債務者の財産を差押えて、自分への支払を確保しようとします。
ですから、自己破産を申立てるときに、給料が差し押さえられているケースはよくあります。
このような場合には、免責決定後に、差押えの効力が無くなるので、給料の差押えはなくなります。

2、破産申立時に、給料が差押にあっていないケース
このような場合には、破産手続開始決定後に、新しく差押をすることは禁止されています。
ですので、破産を申請したからと言って、いきなり給料が差押らるということはありません。
また、給料の差し押さえだけでなく、会社に債権者が取立てに行くことも禁止されています。ですので、給料が差押にあっていないケースでは、破産申立により給料の差し押さえを受けることはありません。

そして、免責決定後は、債務が免責されたのですから、給料を差押えられるということはありません。免責決定後は、給料は債権者の支払いに充てる必要はありません。



審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI


金融法律関連 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<債務整理を学ぼう。 | HOME | 自己破産/税金や社会保険の滞納分はどうなるか?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。