FC2ブログ

消費者金融ブラック~時効

ブラックの時効。その後の消費者金融から即日で借りれる情報。破産・整理で諦める必要なし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自己破産融資について

ここはちょっと不思議に感じるかもしれないのですがこういったカラクリがあります。なぜ、激しい取り立てが終わるのでしょうか。それは貸金業規制法に関する大蔵省通達で禁止している内容にあります。債権者が債務者からなんらかの裁判手続きを取ったことの通知を受けたあとに、正当な理由もなく、債務者に支払うように請求することを禁止する。という一文があるんです。

自己破産を行うにあたって必要な費用としてどれぐらいかかるかをご存知でしょうか?クレジットやサラ金からの借金でどうしようもなくなり、自己破産しなければならないということ事態になっているわけですからあまりにも自己破産を行うにあたっての費用が高額ですと厳しいものがあります。

自己破産の手続きと問題点などを紹介します。自己破産による債務整理法というものがあるのですが、債務者は取り立てがきびしくて夜逃げなどをしても借金に関してはなんの解決にもならないということを知っておきましょう。逃げずに申し立てをしましょう。債務者の最後の救済手段としてあげられるのが自己破産です。自己破産は法律上認められているものですし、裁判所により免責が決定すると、借金がすべてなくなることになります。債務者本人でもできますし、費用自体も少ない自己破産の手続き。最終手段として自己破産という道もあるといういことを覚えておきましょう。

現在の収入と生活費、そして債務総額から判断任意整理の分割返済では借金を返す見込みがないと判断される場合は自己破産を選ぶようになります

サラ金業者が、支払い義務のない者に、それが家族であったとしても、支払い請求などをすることは、貸金業規制法に関する大蔵省の通達によって禁止と明言されています。貸金業規制法に関する大蔵省通達では「法律上支払義務のない者に対し、支払請求したり、必要以上に取り立てへの協力を要求してはならない」とあります。こういった場合には監督行政庁に行政処分や苦情の申し立てをすることができます。また、警察に対して「貸金業規制法違反」で告訴することもできますので、仮に夫が奥さんに内緒で奥さんの印鑑証明を持ち出して、奥さんをサラ金から借金するときの保証人にしたとしても保証契約というのは、保証人になる人とサラ金(債権者)との間に直接結ぶことが必要です。上記のように無断で保証人にしても、奥さんとサラ金業者の間には保証契約はないので保証人の責任はありません。

審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI

人気サイトランキング

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
金融法律関連 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<キャッシングとブラック | HOME | ブラック融資OKの消費者金融>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。