FC2ブログ

消費者金融ブラック~時効

ブラックの時効。その後の消費者金融から即日で借りれる情報。破産・整理で諦める必要なし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

扶養控除が一部廃止

扶養控除が一部廃止となりました。

この扶養控除ですが、子ども手当の財源として一部が廃止されることになりました。具体的に扶養控除が扶養者の年齢によってどのように変更になるかを見てみましょう。

【扶養控除額】
■0歳~15歳 所得税38万 住民税33万 ⇒ 所得税なし 住民税なし
■16歳~18歳 所得税63万 住民税45万 ⇒ 所得税38万 住民税33万
■それ以外   変更なし

ただし、子ども手当の対象ではない扶養者(大学生や親など)は、従来通りの扶養控除を受けることができます。

従来、高校生(16歳から18歳)の年齢の扶養者は、特定扶養親族として他の扶養者より更に上乗せの控除がありました。この上乗せ分の控除は廃止されます。

ちなみに控除とは所得税や住民税の計算のときに個人の事情で税金を安くしようとしてるものである。

扶養控除で節税対策


借金 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。