FC2ブログ

消費者金融ブラック~時効

ブラックの時効。その後の消費者金融から即日で借りれる情報。破産・整理で諦める必要なし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ネット規制が本格的に始まる

ネット規制の推進が進んでいます。

2011年、ネットの制限やネット検閲に対する話題が多い年だった。2011年1がるにチュニジアの政権が崩壊し、エジプトやリビアで大きな変化があった。

日本では2011年4月に児童ポルノ対策でブロッキングが開始されました。

また、警視庁が2チャンネルを撲滅に。と動き出しました。

2チャンネルの中に麻薬などの売買が行われており、それを削除しなかったとしてガサいれが行われ。管理してる海外の会社がペーパーカンパニーだったということもありました。

それで、元管理人ということのひろゆきが逮捕される?みたいな報道がありましたが、結局現在は大丈夫みたいですね。しかし、そんなことはないが、なんやら2ちゃんねるも最近おとなしいように感じるのは気のせいか?

インターネットのデメリット

不正アクセス禁止法が平成24年の3月に改定されました。

改定の趣旨は、フィッシング詐欺やサイバー攻撃が増加、今後増加することを懸念して不正アクセスの刑事罰の強化を目的に設立されました。

不正アクセスとは他人のIDをなりすましで、不正に利用する行為です。また、プログラムの穴を見つけて攻撃することです。これらの不正アクセスの罰則が改定され、1年以下から、3年以下の懲役、または100万以下の罰則になりました。

また、悪さの準備だと思われる準備厚意も禁止となりました。

他人のID・パスワード等を不正に取得する行為
(いわゆるフィッシング行為)

【1年以下の懲役又は50万円以下の罰金】

入手したID・パスワード等を他人に提供する行為

【1年以下の懲役又は50万円以下の罰金】

他人のID等を入手するためフィッシングサイトを作成して公開する行為やID等の入力を求めるメールを送信してID等を入手しようとする行為

【1年以下の懲役又は50万円以下の罰金】

他人のID等を不正に保管する行為

【1年以下の懲役又は50万円以下の罰金】

まあ、法律は日々変化するものと、考え、行動しましょう。しらなかったでは通用しません。インターネットの運営


気まぐれ |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。