FC2ブログ

消費者金融ブラック~時効

ブラックの時効。その後の消費者金融から即日で借りれる情報。破産・整理で諦める必要なし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

借金取り立て…?!携帯が鳴るとビクっとする

【特別PR】
すぐにお金を借りたい、そんな前に役に立つ融資情報サイト、消費者金融審査甘い

延滞がある訳でもないのに、ビクビクしながら生活をしているのは私だけだろうか

家族に内緒の借金と言うこともあり、何かの間違いで業者から家に連絡が入り、
それで私に連絡をして来たのでは?とか、管理不足で振込先を間違えたのでは?等々
借金生活が長くなってしまうと、全てにおいて自信を失い、支払い資金の工面を含めて
不安ばかりが自分を襲ってくる。

借金自体の延滞はないが、「電気代が遅れた」「携帯が明日止まる」といった不安事が
借金返済を優先する事から毎月のように襲ってくる。

普段は業者から電話なんて入らないのに、「連絡があって繋がらなかったらどうしよう」
「家に電話が入ってしまうのではないか」といった、ありもしない事を考えてしまうのと同時に
頻繁に携帯が止まったりすれば、家族にも問い詰められる可能性が出てくる。

どの方向から考えても不安だらけで、解決策も見当たらない。

「こんな生活から開放されたい」が本音だが、理由が何であっても借金は自分の責任であり
自分で何とかするしかない。でも、人に話したくはないし、誰に助けを求めても、助けてもらえないのが普通である。
どんどん追い込まれて行き、全ての自信を失い、社会的信用も失い、自分の周りには誰も居なくなるのではないか
そんな不安に襲われるような借金は、キレイに完済できれば二度としない。

ただ、キレイ完済できるのか?しなければならないから頑張っているが、
不安が先に立って自信を持てない自分が、ここにも存在している事実は消えない。

【PR】
消費者金融審査甘い
ブラックでも諦めない
Loan shark ~ 実録 闇金融の表と裏

闇金/ヤミ金 |

デメリットの債務整理

債務整理の経験者は数多くいると思うが、その人たちの多くの関心ごととは、いつになったらまたお金が借りれるのか?ということではないだろうか。

車のローンが組みたくなったり、住宅ローンが組みたくなる人間もいるかと思います。

基本5年たてばリストから消えるといわれています。しかし、その当事者であったクレジット会社や消費者金融からは何年たっても借りれないといううわさがあるので、その借り手、債務整理した先が提携した先も借りれない可能性があります。

また、一部では一回借金で失敗して貯金もできずに、また借りようとするとは何事だ。とお怒りの金融関係者もいますが、お気になさらずにw

債務整理のデメリットとは。


etc |

消費者金融の比較

どれも同じように見える消費者金融ですが少し違うのが審査内容ではないでしょうか。

金利もまあ、今の法定利息内でめいいっぱいとってくるでしょうし、審査が甘い、そしてサービスでしょうか。

大手だったらいろんなところで返せるATMがあるでしょうし、聞いたところない消費者金融だったらマイナーなやり方があるのでしょう。

審査と同じくして総量規制なるものもあるので、個人が借りれる上限はもはや決まってるといっても過言ではないので、いす鳥ゲームのようにやってくるのでしょうか。

また、新規顧客を採るために一週間、無金利なんかもあります。

一回、借りたところにお世話になるものなので、これも当時はうまいやり方でしたね。しかし、借り入れ履歴はやはり残るので、安易な気持ちからの債務整理や自己破産にならないように気をつけましょう。

消費者金融を借りる前に比較はこちら。


消費者金融 |

ブラックも続けば・・

消費者金融でブラックになってしまうということは、ケースによっては結構恐ろしい。

なぜ恐ろしいかは次の通りだ。

  1. まず、消費者金融がブラックになってしまうほどお金に忙しい。
  2. そして、そんなに忙しいのにもう借りれない。
  3. 消費者金融がブラックということは負債も残っている。
  4. 負債に対しての収入が見合っていない。
  5. 急な入用がある。

こんなところだろう。つまり、借りなきゃ生活できない人が借りれなくなったのだ。これは本当に大変だと思われる。

他にも、ブラックといえば携帯電話ブラックや、クレジットカードブラック。

ブラック=付き合いをしてくれない。ってことだ。

まあ、出入り禁止みたいなものだ。

前科一般みたいなもおんだ。

だいたい、学校では教えてくれないお金のことで、認識の甘い人はこの罠にはまる。

原因はギャンブルか、浪費か、はたまた不測の事態か、いろいろ言い分があるが、ブラックが増えれば自分の名義で借家も取れない。

そんな助けだって、きっと必要なのに・・・

消費者ブラックへの積極融資はコチラ

 


etc |

ネット規制が本格的に始まる

ネット規制の推進が進んでいます。

2011年、ネットの制限やネット検閲に対する話題が多い年だった。2011年1がるにチュニジアの政権が崩壊し、エジプトやリビアで大きな変化があった。

日本では2011年4月に児童ポルノ対策でブロッキングが開始されました。

また、警視庁が2チャンネルを撲滅に。と動き出しました。

2チャンネルの中に麻薬などの売買が行われており、それを削除しなかったとしてガサいれが行われ。管理してる海外の会社がペーパーカンパニーだったということもありました。

それで、元管理人ということのひろゆきが逮捕される?みたいな報道がありましたが、結局現在は大丈夫みたいですね。しかし、そんなことはないが、なんやら2ちゃんねるも最近おとなしいように感じるのは気のせいか?

インターネットのデメリット

不正アクセス禁止法が平成24年の3月に改定されました。

改定の趣旨は、フィッシング詐欺やサイバー攻撃が増加、今後増加することを懸念して不正アクセスの刑事罰の強化を目的に設立されました。

不正アクセスとは他人のIDをなりすましで、不正に利用する行為です。また、プログラムの穴を見つけて攻撃することです。これらの不正アクセスの罰則が改定され、1年以下から、3年以下の懲役、または100万以下の罰則になりました。

また、悪さの準備だと思われる準備厚意も禁止となりました。

他人のID・パスワード等を不正に取得する行為
(いわゆるフィッシング行為)

【1年以下の懲役又は50万円以下の罰金】

入手したID・パスワード等を他人に提供する行為

【1年以下の懲役又は50万円以下の罰金】

他人のID等を入手するためフィッシングサイトを作成して公開する行為やID等の入力を求めるメールを送信してID等を入手しようとする行為

【1年以下の懲役又は50万円以下の罰金】

他人のID等を不正に保管する行為

【1年以下の懲役又は50万円以下の罰金】

まあ、法律は日々変化するものと、考え、行動しましょう。しらなかったでは通用しません。インターネットの運営


気まぐれ |
BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。